会長あいさつ

 平素、皆様にはひとかたならぬご愛顧賜り、厚くお礼申し上げます。
 欧米100余年の警備の歴史に比べ、日本の警備会社の歴史はまだ30数年に過ぎません。
しかしその間、日本においても警備の需要は時代の要請に応じて年々増加し、現在全国の警備業者は9000社に迫り、警備員は51万人を越えております。
警備会社は今また新たな時代を迎え、更なる可能性へと歩み出しています。
 全国的にも治安がどうなのか問われている時代になっています。
 
 安心・安全の街づくりにつきまして、新聞・テレビ等でもたくさん報道されている中において、我々警備業という一つの大きな団体において、地域のため安心と安全の確立のため、我々はどの様に何をやって社会に貢献していくべきかを問われています。
 協会が一糸乱れず足並みを揃えながら、目的である社会の安全向上等いろいろなことにスクラムを組んで援助していくことが警備業協会に課せられた課題ではないかと考えております。
 皆様のご信頼にお応えできるよう、全力を尽くして参りますので、今後とも、益々のご支援とご愛顧賜りますよう心からお願い申し上げます。

           一般社団法人栃木県警備業協会 会長 青木 勲